イメージを持つことが、実現への大きな一歩に。



暮らしの工房 こねり 大池達也さん、さおりさん

グラフィックデザイナーとして都会で働く中で、ふくらんできた田舎暮らしへの思い。移住後は、整体、木工、パン作りという新たな生業を生み出し、「自分たちが心地いい」という感覚を大切にしながら、〝暮らしの工房〟を営んでいる。

 

「こういうふうに暮らしたいというイメージがあると、そのままそうなると思うんです」
 開口一番、さおりさんはこう切り出した。大池さん夫婦は築100年の古民家で、お店ではなく、〝暮らしの工房〟を営んでいる。達也さんによる整体と木工作品、そしてさおりさんが焼く自家製酵母パン。澄み切った空気が流れる場所で、こうした暮らしにまつわるものやことを提供している。
 この家は5年間探し続けてようやく見つかった、二人にとって新たな始まりの場所。自由に手を加えられる古い家で、小学校に近く、国道から少し入ったところで、小高い丘の上にあって……。なかなか思うようなところは見つからず、諦めかけていたところ、すべての条件がそろう家に偶然出会った。「友達が住んでたんですが、『出るので、どう?』と言われて。来てみたら、思い描いていた通りの家ですごいなと思いました」と達也さん。「大きいプラモデルを作ると思って楽しんでやろう」とその家を友人の助けを得て改装。閉園になった保育園でもらってきた窓やドア、床板など、もらいものを存分に生かし、グラフィックデザインを生業としていた二人の感性によって、即興で作られていった。

 改装を始めた当初、整体院を開くことは決めていたが、さおりさん自身、パン屋をやるイメージはまったくなかった。もともとパンづくりは趣味だったが、「整体院をやるにも、間口の広いパンがある方がいい」という達也さんの言葉に押し切られる形で、週に一度のパン屋を始めることにした。
 「すごく悩んだんですが、お店をやりたいというより、せっかく出会ったこの家を生かしたいと思って。今となっては、やって本当によかった」とさおりさん。「パンがあると、いろんな人に来てもらえて、人とのつながりが生まれやすくなるかなと。パンがあるだけで心地いい空間ができるだろうなという強いイメージがあって」と達也さんは続ける。
 そんな達也さんの勘は、見事に適中。さおりさんの焼くパンは評判となり、開店の日には幅広い年齢層のお客さんが訪れている。そして、初対面の人同士が気軽に話し、人がつながる場にもなっているそうだ。理想とする暮らしや仕事のイメージを持つことの大切さを、二人は身をもって教えてくれている。

 愛知県出身の二人は、もともと名古屋市のデザイン会社に勤める先輩と後輩。結婚、出産をきっかけに「田舎で暮らしたい」という思いが強くなった。そんなある時、飯田市の通販会社でデザイン職の募集があるのを見つけ、これを田舎暮らしの足がかりにしようと、2007年に中川村の隣、松川町に移住した。 「ここで何年かやって、安曇野とか白馬とか名の知れた田舎に行こうかなと思ったんだけど、いざ暮らしてみると、観光地化された田舎より、ありのままの田舎の方がいいやと思って。移住した当初から、中川村に惹かれる部分があったんです。具体的にどこが、と聞かれてもわからないんだけど(笑)」
 中川村のよさを言葉にするのは、難しい。それは村の人の生き方や暮らし方そのもので、捉えどころのないものだからかもしれない。でも一度その空気を味わえば、また何度も訪れたくなる。達也さんの言葉を聞いて、そんな村なのだと改めて感じた。

 達也さんがデザイナーの仕事に区切りをつけ、整体の道に入ったのは移住して4年目のこと。意外にもごく自然に入り込めたそうで、「僕にとってデザイナー時代は整体師に移行する過渡期だった」という。
「整体では人に触れたり、話を聞いたりして、見えないものを感じ取ります。その力はデザインにとても近い。キャリアとしては短いですが、整体こそが天職だと思っています」
 お金の面だけを考えると、キャリアのあるデザインの仕事を続ける方が楽に違いない。でも今、新たな道で生計を立てていけるのも、この村のこの家に出会えたからだという。
「都会に住むと生活コストを稼がないといけないので、生活のための仕事になってしまう。今の僕らの生活スタイルには、生活するために忙しく働くというイメージはなく、楽しいとか、人とつながりたいとか、あるものを生かしたいという思いが先にあるんです」
 仕事はほどほどに、空いた時間は畑で野菜を作ったり、田んぼで米作りに挑戦したり。初めての米作りは苦労の連続だったそうだ。
 「田んぼに行くのが憂鬱で憂鬱で。草むしりとか地面に這いずり回ってやるので、半日やると膝が笑ってくる。でも収穫した瞬間にそんな苦労は忘れちゃって、また来年頑張ろうかなと。達成感の積み重ねですね、田舎暮らしって」と達也さんは感慨深げに話す。
 これも一人の力ではない。近所の人が農機具を貸してくれたり、見かねてフォローしてくれたり。周りが見守ってくれていたおかげだ。そう、中川村には「結」が今も残っている。

 中川村で間違いなかった。二人は心からそう感じている。今後はキッチンを増設し、飲食を提供できるカフェスペースを新たに作る構想もある。「そこでは発酵ジュースやヨーグルトなど、〝整体的に見た身体にいいもの〟も広く紹介していきたい」とさおりさん。
 今、中川村ではこうした新たな場所や活動があちこちに芽吹き、育ちつつある。「旗を振って、みんなで何かをやるのではなく、自分のやりたいことをやってたら、周りのためになっていたとか、つながりができていたとか。そんなところが中川村の魅力かな」と達也さん。一人ひとりの思いや行動が、新しい中川村をつくっている。

Keywords:

Having an image is a big step toward realization.

Tatsuya & Saori Oike, Living Studio “Koneri”

While working in the city as a graphic designer, their feelings for the rural life grown.

After moving into the countryside, they created a new business, such as manipulative treatment, woodworking, and making bread,

and have been running “Living Studio” while cherishing the feeling that “we are comfortable”.

   “If we have a specific image for our preferable lifestyle, I think that will happen as it is”, Saori says in her opening words. Mr. and Mrs.Oike have been running not a shop but “Living Studio”, in an old private house built for 100 years.  The business contents are manipulative treatment and woodworking by Tatsuya and homemade yeast bread baked by Saori. In this place where clear air flows, they provide things and services related to living.

   They finally found this house five years after starting house-hunting. “Originally my friend lived here, but my friend said, ‘We will leave and vacate this house. So, how about this?’ When I came here first, it was amazing because the house was just as I imaged”, Tatsuya says. “I decided to think as if making a big plastic model and enjoy it”, they renovated the house.  Making full use of the things which they got at an abolished nursery school, such as windows, doors, floorboards, and others, the work was done extemporaneously by the sensibility of them who used to be graphic design as a vocation.

   “I think that various people will come and people will be easier to connect others, if there is bread. I have a strong image that there will be a comfortable space just by having bread there”, Tatsuya continues.

  Tatsuya’s hunch proves right. Saori’s baked bread has become a reputation and customers of a wide age range visited on the day of opening. It seems to be a place that people who first meet each other converse easily and people to connect with someone. They tell us the importance of having image for ideal life and working.

 Both of them are from Aichi prefecture, were originally colleagues who work for a design company in Nagoya city.  Their desire to “rural life” became stronger after marriage and childbirth.  At that time, they moved to Matsukawa-cho next to Nakagawa-mura in 2007 because they found a job offer for design work at a mail- order company in Iida City so that they can make it a foothold for rural life.

 “In manipulative treatment, I sense what I can’t see by touching people or listening to the story.  Its power is very close to design, I think it is my vocation, although it is short as a career.”

 I didn’t work hard and I made vegetables in the field and challenged making rice in the rice fields when I was free.  It seems that it was a hard work to make rice for the first time. “I was pretty unhappy about going to a rice field. Since I crawl to the ground to pull up the weeds, my knees begin to shake if I do the half a day. But at the moment of harvest I forgot such hardships and I think I will do my best next year again. The rural life is accumulation of accomplishment”, Tatsuya speaks with deep feeling.

 This is also not the power of one person. Their neighbors lend farm equipment or help him because they can’t stand watching. They are here because people around us are watching over us. Yes, “Yui (connection)” still remains in Nakagawa-mura.

 “I would like to widely introduce ‘something good for the body that looked from the view of manipulative treatment’ such as fermented juice and yoghurt”, Saori says.

 Now in Nakagawa-mura, these new places and activities are budding and growing here and there. “Not doing with everyone we led, while we do what we want to do, we involuntarily supported people around us or connected to someone.

 It would be Nakagawa-mura’s attraction”, Tatsuya says. Each person’s thoughts and actions create a new Nakagawa-mura.

+ さらに表示


中川村