キャンプ場ではなく、人の心が通うヴィレッジ。

信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ 鈴木道郎さん、千鶴さん

深い深い山の中にある、キャンプ場と自然学校が一つになった〝ヴィレッジ〟。都会育ちの道郎さんが作り上げたこの地は、「人々の心が通う場所」になっている。

 

 「信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ」がオープンしたのは、今から23年前。当時28歳の鈴木道郎さんが棚田の休耕田を活用し、自分の手で作り上げた。「お金があれば、もっと便利なところを選んでましたよ。でも本当に自然を楽しめるところはどこか。お金がないからこそ、ここが見つかったんです」道郎さんは名古屋市出身。子どもの頃からキャンプに親しみ、中学生の時には憧れだったキャンプリーダーに。大学卒業後は、埼玉県にある自然の中での学びを重視した幼稚園で教員として働いていた。「自分にとって理想的な幼稚園でしたが、俺が作ったところじゃねえと。生意気だったんですよ。どうしても、自分の手で本物の自然を使って作ってみたかったんです」

 道郎さんが作りたかったのは、子どもたちのための自然学校。そこを運営しながら、お金を得る手段がキャンプ場というわけだ。休日に泰阜村の子どものキャンプを手伝っていたことから、伊那谷で土地探しを始めるうち、中川村へ。役場で「住人が出て行って空いている集落がある」と紹介してもらったのが、今の場所だ。キャンプ場に必須となる水が豊富な上、木々に囲まれているので突風が吹かない。キャンプ場としてこれ以上の好立地はなかった。その集落で生活していたのは、高齢のおばあちゃん一人。開業準備のために移り住んだ後は、昼食、夕食とおばあちゃんの世話になりながら、力仕事に汗を流した。

「やっぱり最終的な決め手は人でしたね。いろんな村の人たちに接して、自分が中川村の人になれるかどうか。そこで判断しました」
 キャンプ場としてオープンした8年後の2002年に自然学校を開校。さまざまなアクティビティを通して、子どもたちに自然の楽しみ方を伝え続けてきた。開校当時は全国的にもアウトドアプログラムを提供するキャンプ場はほとんどなかったが、今では多くがこうした体験を提供している。つまり、道郎さんは時代のずっと先を走っていたのだ。

 家族は妻の千鶴さんと、3人の息子たち。同じキャンプリーダーとして大学時代に出会った千鶴さんは、小学校の図書館司書として働きながら、週末はキャンプ場の管理や自然学校の講師として活躍。道郎さんの実行力の影には家族の支えがある。
 また、ここには「ボラバイト」という仕組みを利用したスタッフが全国から集まっている。新たな経験や人とのふれあいを重視した働き方で、最近は心の病を抱える若者たちが自分を見つめ直したいとやって来るそうだ。

「人が生き生きしたり、自分の道を見つけたり。そのきっかけ作りが僕の役割。ボラバイトはそんな思いに合致した仕組みです」その縁で、道郎さんはボラバイトの運営会社の社長に抜擢され、今年9月から中川村と東京の二拠点生活をスタートした。「ここにずっといるより、リフレッシュできますよ。180度違うところを行き来することは、すごく刺激になります」道郎さんのヴィレッジは、またここから新たな時代を切り拓いていく。

Keywords:

It’s not a campground but a village where people can reach out to each other.

Michio & Chizuru Suzuki, Shinshu Inadani Campers Village

“Village” which the campground and the nature school are united is located in a deep mountain.

This place that Michio Suzuki who bred up in the city has built is “a place where people can reach out to each other”.

   “Shinshu Inadani Campers Village” opened 23 years ago from now. Michio Suzuki who he was the age of 28 at that time made it by himself through utilization of the idle rice paddy fields. “If I had money, I would choose a more convenient place, but I thought where the place really enjoyable nature is.  Because I had no money, here is found.”

   Michio is from Nagoya city. He was familiar with camping since his childhood and became a camp leader he longed for when he was a junior high school student. After graduating from university, he worked as a teacher at a kindergarten which focused on learning in nature in Saitama prefecture.

   What Michio wanted to make was a natural school for children. While running it, the means to earn money is the campground. Since he was helping the child’s camp in Yasuoka-mura on holidays, he came to Nakagawa-mura during looking for land in Inadani.  It is the current place that he was introduced as “there is a settlement which residents have gone out and are vacant” in the village office.  There is plenty of water that is essential for campgrounds, and gusty winds do not blow since it is surrounded by trees. After moving into here in order to prepare for opening the business, while receiving care from the aged woman about lunch and dinner, he was sweating in heavy work.

   “After all, the deciding factor was person.  I touched various people and decided whether I could be a person in Nakagawa-mura.

   “People is animated or found their own way.  My role is to provide some motivation for that.

   “Michio’s village will open up a new era from here again.

+ さらに表示

中川村