世の中に流されず、血の通った言葉を、これからも。



曽我逸郎さん、良枝さん

移住して2年半後、たまたま村長選で初当選。現在3期目を務め、2017年5月に長い任期を終える。12年間の村長生活に一つの区切りをつけ、逸郎さんは家族との新たな暮らしを始めようとしている。

 

 自分は何をしたらいいんだろう。見えないものを追い求めた学生時代。電通に入社するも、ずっとサラリーマンをやるつもりは毛頭なく、40代後半になった頃、学生時代から続けてきた仏教の勉強に本腰を入れようと、移住先を探し始めた。長野県を中心に全国をまわったが、中川村を訪れた時、これまで行ったどの場所とも違う感覚を覚えたという。

「草刈りがきちんとされていて、道端に花が植えられていて、手入れが行き届いた美しい村だなあと。それだけでなく、家族でキャンプをしていたら、地元の人が水やトイレの心配をしてくれたり、そのうち、お祭りの時に声を掛けていただくようになって。すごくよくしてくださったんです」

 最初は冗談半分だったが、中川村に通ううち、「ここだったら」という思いに変わっていった。家族が先に住み始め、週末だけ村に通うという生活を4年間続けた後、2002年11月に退社。晴れて移住を果たした。

 米や野菜を作ったり、地区の行事に参加しながら、仏教の学びを深める。そんな日々が長く続くはず、だったが、周辺市町村との合併問題で自立賛成派をサポートしたことから、その波頭に押し出され、2005年4月、村長選で初当選。移住して2年半後、思いがけず村長となった。こんなところに、よそ者を拒まない村の人の気風が見えてくる。 

 世の中に流されず、言いにくいことを思い切って口にする。逸郎さんはそんな信念を持って、TPP反対や脱原発など血の通った言葉を村のホームページなどで次々と発信。中川村の風通しのよい空気をつくってきた。

 そんな逸郎さんを見て、家族もこの村だからできることに果敢に挑戦。長男の暢有さんは耕作放棄地を利用して、無農薬でぶどうを栽培。そのぶどうでオーガニックワインを製造し、販売しようと計画中だ。そして妻の良枝さんは、田んぼや畑仕事にあくせくしながらも、暢有さんを手伝い、縁の下の力持ちで家族を支えている。「農業というのは工夫の余地が大きい仕事だからおもしろい。カミさんも田んぼや畑を一生懸命やってますよ。私は村長で忙しいし、公務があって、とか言ってほとんどやってないんですけど」と苦笑い。

 もののはずみで村長になって12年。2017年5月の任期終了まで残りわずかとなった。「村長の仕事はおもしろかったですよ。ちょっと長かったかもしれんけどね」と笑う。任期終了後は、本来やりたかった仏教の勉強を復活させることが最優先だ。「それが一番だけど、カミさんや息子の手伝いもせんと怒られそうなので、それをやりながらやね」と家族思いの顔も見せる。
「村の将来を考えると、本気で研究を重ねた質の高いものを提供する、持続性のある商いが生まれてほしい。と言いながら、中川村が有名な観光地になったらさみしい気もする。難しいですね(笑)。そんなにガツガツしなくても、少しはゆとりがあって、昔ながらのおもてなしがある。そんな村がいいですね」

 頑張りすぎないくらいがちょうどいい。そんな中川村らしさを大事にしながら、逸郎さんと家族の第二章が始まる。

Keywords:

We will continue to use thoughtful words without being swept away by the world.

Itsuro & Yoshie Soga

He is currently in the third term-year and will finish his long term in May 2017. Putting an end to the village mayor’s life for 12 years, Itsuro is about to start a new life with his family.

   When he was in the late 40s, he began looking for a place to move to so that he can concentrate his forces on Buddhist studies which he has been doing since his school days. Although he went around the country mainly in Nagano Prefecture, when he visited Nakagawa-mura, he felt a different feeling from any place he’s ever been to.

   “I felt that it was well-maintained and beautiful village where the mowing was properly done and flowers were planted on the roadside. In addition, when camping with my family, the local people worried about the water and the toilet, they talked to us friendly at the time of the festival. They were really generous to us.”

   It was half-jokingly at first, but as he went to Nakagawa-mura, it turned into a feeling “It’s all right if in this place”

   While making rice and vegetables, participating in district events, he deepened Buddhist learning. Such days would have lasted long, but since he supported with supporters of independence in a merger problem with neighboring municipality, he was pushed out by the wave and he was first  elected to village mayoral election in April 2005. Two and a half years after moving into, he became village mayor unexpectedly. In such a point, the atmosphere of the village people not to refuse strangers is appeared.

   With such conviction, Itsuro has transmitted with thoughtful words, such as opposition to TPP and removal of nuclear power, in the village’s homepage one after another. He has created a circumstance of openness in Nakagawa-mura.

   “When considering the future of this village, sustainable business offering high-quality things that seriously and repeatedly researched should be born more rapidly.

   Even if we don’t strain for success, there is a bit of leeway and there is natural old-fashioned hospitality. After all I like such a village. “

+ さらに表示

中川村