「野生の勘がピンと働いて」



中津川(山形県飯豊町)でも珍しくなった茅葺屋根で、家の中に農耕馬の廐舎をもつ「曲屋(まがりや)」が特徴の古民家を見て、ひとめぼれした。旬さんは、「野生の勘がピンと働いて」、ここだ!と即決。すぐに手紙を書き、古民家を管理していた町役場と交渉を始めた。
この古民家、もともとは地区でも有数の名家が所有していた家で、町役場が寄贈を受けて管理している物件だった。
「私たちが住むようになってから、以前を知る人から『家の雰囲気が良くなった。家としての機能が復活した』と言われるのが嬉しいですね。屋根の茅の状態も良くなったと言われるんですよ」と妻の洋子さんはほほ笑む。窓や扉を開け放した、開放感あふれる家の中を、5月の爽やかな風が通りぬけ、池からはカエルの元気な合唱が聞こえてくる。家の軒先では、ツバメがせっせと巣作りをしている。最新式のパソコンが並びジャズが流れるモダンな空間と生命力あふれる豊かな自然。まさに現代のソローをゆく「森の生活」がここにある。
家の補修は、旬さんいわく「リフォームというよりも、限りなく当時の様子を活かした、『復元』の作業に近いもの。いかに崩さずに、新しくしていくか。昔の時代に戻ることが大事なのではなく、現代の便利なものを取り入れながらいかに、うまく共存していくかが大事なんじゃないかな」。

Keywords:

We are happy to hear from people who know about the previous state, “The atmosphere of the house got better. The function as a house has been reawaken.” after we began to live in this house. “The condition of the thatch on the roof is also getting better.”, Yoko smiled.

The refreshing breeze of May passes through the airy house which windows and doors are open, and the energetic chorus of frogs is heard from the pond. The swallows are busy to build nests under the eaves. The modern space that the leading-edge personal computers lined, jazz is playing, and the rich nature full of life force. There is an exactly “The Life in the Wood” by modern “Thoreau”.

Jun said, “The house repair is closer to ’restoration work’ making maximum use of the situation at that time than the renovation. How shall we make it new without destroying? The important thing is not return to the days of yore, but how to continue to successfully co-exist, while incorporating contemporary convenient things.”

+ さらに表示

2016-05-03-12-53-492016-05-03-11-57-51 2016-05-03-12-15-42