おぢか島落花生とうふ



昔から島でのお祝いごとなどにはかかせないのが落花生とうふです。各家庭でつくられる落花生とうふは島の味です。箱には、ごまだれ、きなこ、黒蜜の3種類がタレとして入っています。そのままでも、タレをかけてスイーツ感覚でも、絶妙な食感でおいしく召し上がっていただけます。
落花生とうふは、平成27年度の長崎県特産品新作展で「優秀賞」、ながさきデザインアワードで「長崎賞」、長崎四季畑認証されています。

お問い合わせ:「小値賀小さな島のおすそわけ」
http://www.ojika.jp

Keywords:
小値賀町

小値賀町は、九州の西海に浮かぶ五島列島の北部に位置し、大小17の島からなる火山群島で、そのほとんどが西海国立公園に指定されている自然豊かな町です。 また、島内各地で石器や古墳が見つかっており、古くは旧石器時代から人々の営みが途切れることなく、火山がもたらした肥沃な大地と豊富な魚介類などの自然の恩恵を受けながら、連綿と続いてきました。

 

野崎島と旧野首教会

町の東部には、2008年1月「長崎のキリスト教関連遺産」で世界遺産暫定リスト入りした野崎島があります。島の小高い丘に建つ「旧野首教会」は、隠れキリシタンの血と汗で創建された歴史的なシンボルです。 この教会では、毎年ヨーロッパから一流の演奏家を招き「長崎おぢか国際音楽祭 教会コンサート」が開催されるなど、多くの観光客が訪れています。

 

西海国立公園の景観と歴史

大昔の火山が織り成した特異な形状と松林、白砂が呈する「五両ダキ」は旅人の心を癒すスポットとして定着しております。 この五両ダキは、30箇所を超す小値賀火山の一つである五両山火山の一部が、永い年月をかけて厳しい潮風や波の浸食によって形成されたものです。町内に点在するこれらの貴重な単性火山群は「日本の地質百選」に選定されております。

+ さらに表示