六合の幸 花いんげん缶詰



高冷地の中之条町六合地区(群馬県)では、花インゲン豆の栽培が盛んです。ここ六合地区では乾燥させた豆を砂糖などで煮る煮豆が主流で、正月料理やお客様へのお茶うけにかかせない。この煮豆が缶詰になっており、即座に味わうことができる。ホクホクと柔らかく優しい甘さ。豆も大きい。詰めてから数ヶ月たつと豆のうまみがでてさらに美味しくなるのです。ぜひご賞味ください。
1缶540円(税込み)
お問い合わせ:六合の幸工房 電話0279-95-5529

Keywords:
中之条町六合

中之条町六合(くに)地区

群馬県の北西部、標高6,00m~2,300mに位置する中之条町の六合地区は、面積の92%を山林と原野が占める森の郷です。 山間農業地域であり、耕地のほとんどを占める畑地では、主要な農産物として野菜類、花卉、特産品「花いんげん」などの豆類が栽培されています。

「日本で最も美しい村」連合の地域資源に認定されている野反湖は、上信越高原国立公園内にあり、周囲を2,000m級の山々に囲まれた山岳、湖水、湿原、草原など変化に富んだ環境にあります。初夏から初秋にかけてシラネアオイやレンゲツツジ、ノゾリキスゲ等300種類以上の高山植物が咲き乱れる花の楽園となります。この自然景観を積極的に保存、高山植物の保護育成活動に取り組んでいます。

+ さらに表示