17CAFE(イナカフェ)クッキー



平成20年10月26日にペルー・マチュピチュ村と友好都市協定を締結した大玉村。両村の発展を願い、ペルー産キヌア、マチュピチュ有機栽培コーヒー、アンデスの塩を使用したクッキーを作りました。どうぞご賞味ください。

お問い合わせ:大玉村産業振興センター(あだたらの里直売所) 電話0243-48-2317
https://m.facebook.com/adtrchokubai

Keywords:
大玉村

大玉村は、福島県のほぼ中央部に位置し、県内での「中通り」 にあります。国道 4 号線と東北自動車道が貫通しています。この地のシンボルは、安達太良山です。その勇壮な姿は、村民の誇りであり、なだらかに広がる台地では、水稲、野菜、果樹、そして、牧畜が盛んです。四季を通じての美味しい食べ物、温泉もあり、「大いなる田舎」を都会人に届けています。

 

田んぼ通りからの安達太良山
この大玉村のシンボルともいえるものが、「安達太良山(あだたらやま)」です。この安達太良山のゆるやかな裾野に、春にはレンゲの花が咲き、夏には、そば畑に、白い花が一面に咲き誇ります。「あだたらやま」をみながら、大玉の村民は、季節の動きを知るのです。

 

本揃田植え踊り
大玉村は、肥沃な大地を持つ、農村地帯です。村内の玉井(たまい)地区には、250年以上も前から、田植え踊りが伝わっています。「本揃(もとぞろ)田植え踊り」といい、古くは、旧暦の1月14日の小正月(こしょうがつ)に、豊作祈願や、厄払いとして各家から、依頼を受けて、踊りを演じたものです。近年は、村の催事などで、披露されています。

 

神原田神社十二神楽
また、村内の神原田(かみはらだ)地区にある「神原田神社」も、由緒のある神社です。源義家(みなもとのよしいえ)が戦勝祈願をしたという伝承もある位です。毎年4月と10月に、五穀豊穣を祈願して、神社の社殿で、古式ゆかしく楽(がく)の音(ね)に、合わせて、「十ニ神楽(じゅうにかぐら)」が奉納されています。

+ さらに表示